イベント

MoLiveで企画運営するイベントについて、下記にお知らせいたします。

開催イベントの詳細

開催報告!「知っててほしい 妊娠適齢期!(不妊の現状から)~男女で考えよう 後悔しないライフプラン~」

去る11月23日(木・祝)に開催させていただきました 「知っててほしい 妊娠適齢期!(不妊の現状から)~男女で考えよう 後悔しないライフプラン~」は、20代から80代までの約70名の方々にご参加いただき、盛況のうちに終了いたしました。

数年前から温めていた企画。昨年秋に港区立男女平等参画センターリーブラの助成事業として応募してから、1年以上の準備を重ねての開催でした。

IMG_1170

採用くださった港区の皆さま、ご協力くださいましたNPO法人日本不妊予防協会の先生方、忙しいスケジュールの合間をぬって参加くださった杉山愛さん、告知に賛同いただきました企業や教育関係の方々、そしてご縁のある皆さま方のお力添えのおかげです。この場をお借りして心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

以下に当日のご報告をさせていただきます。

***********************************

当日の午前中は雨で、スタッフが集合したのはまさに雨がピークの時。80数名のお申込みくださった方々の参加を案じ、天候回復を願いながら準備に取りかかりました。

IMG_1131

安定感のある落ち着いたリーブラホールは、ステージからお客様を見上げる造りになっていますが、20代から80代までどんな方々がお聴きくださるのか、満足していただける時間になるか、期待と緊張が入り混じる準備時間でした。

IMG_1139  IMG_1141

司会の進行と共に、私、永森のご挨拶で始めさせていただきました。
晩産化が意味することや、現状の背景にあること含め、なぜこの企画を立てたのかについてお話しさせていただきました。

IMG_1206

最初のご講演は、久保春海先生。

IMG_1211

(プロフィール)
・ NPO法人日本不妊予防協会 理事長
・ 渋谷橋レディースクリニック 院長
・ 東邦大学医学部名誉教授
・ 日本生殖心理学会名誉理事長
・ 日本IVF学会顧問
・ 「ヒト卵細胞の体外受精について」により医学博士及び林基之賞受賞

ご講演タイトル:「生殖医療の現状と医師から伝えたいこと」

久保先生は日本の不妊治療を牽引してこられたドクターですが、平易な言葉でわかりやすく、生物学的な男女の違いの話から、晩産化の実状、年齢と妊娠力の実態や不妊治療についてお話しくださいました。「花の命は結構短い」「加齢は大敵 – 『まだ産まない』から『もう産めなくなる時』-」も印象的でしたが、最後のまとめの言葉、「『子どもは授かるもの』という時代はもう終わりました。これからは、自分のライフプランにもとづいて、努力して『子どもをつくる』時代です」は、まさに時代性のあるメッセージでした。

IMG_1213

次の登壇者は、平山史朗先生。

IMG_1240

(プロフィール)
・ 東京HARTクリニック 生殖心理カウンセラー/臨床心理士
・ 日本生殖心理学会 副理事長
・ 家族心理士

ご講演タイトル:「男性たちよ、知識を持とう!」

平山先生の講義や講演はとても面白いといつも好評ですが、今回も女性の気持ち、男性の心理について楽しくお話しくださいました。不妊の48%は男性側に原因があると言われる今、子どもを持とうとする時の夫婦の向き合い方はとても大事。妊娠・出産というと日本ではまだまだ妻の問題と捉えられがちですが、実際は夫を含めたふたりの問題です。女性と男性の違いによって起こりがちなコミュニケーションエラーのさまざまなケースをを紹介いただきながら、妊娠や不妊治療という問題に対して男性たちはどんな知識を持ったらいいのかわかりやすく説明くださいました。「不妊治療における夫の心得(初級編)」や「結婚前の男性へ」といった男性へのメッセージ、また会場に足を運んでくださったそれぞれの立場の方々に向けた「Take-home Massages」は、きっと皆さんの心に届いたことでしょう。

IMG_1241

そして私、永森咲希が講演させていただきました。
講演タイトルは、「考えてみて あなたの人生の季節」です。

IMG_1256

「自分は不妊になるかも」と思いながら成長する人はいないはず。「いつか自分が望んだ時に、子どもはできる」そう思っている方がほとんどでしょう。不妊という言葉はよく耳にする言葉になりましたし、悩まれている方も多いですが、こればかりはなってみないとわかりません。今回は20代から80代までの様々な立場の方々が参加くださいましたので、子どもができない(不妊)ということはどういうことか、不妊治療とはどんなものか、治療の過程やその心理について、私自身の不妊治療の体験を通して紹介させていただきました。自分もそうなるかもしれない若い世代の方々へ、、、ご自身のお子さんがそうなるかもしれない親御さんたちへ、、、自分の部下が悩んでいるかもしれない上司のあなたへ、、、あなたの生徒がいつかそうなるかもしれない先生方へ、、、皆で一緒に考えていただけたらという思いでお話しさせていただきました。そして、私たちが四季の中で生きているように、人生にも四季があること、またそのそれぞれの季節をどんな風に生きたらいいのいかについても考えていただけたのではないかと思います。

IMG_1257

そして、今回スペシャルゲストとして登壇されたのは、杉山愛さん。お忙しい中駆けつけてくださいました。

IMG_1275
(プロフィール)
スポーツコメンテーター(元プロテニスプレーヤー)
2009年10月の引退まで17年間プロツアーを転戦。WTAツアー最高世界ランクはシングルス8位、ダブルス1位。グランドスラムでは女子ダブルス3度の優勝、混合ダブルスでも優勝、シングルスでは連続出場62回という世界記録も樹立。五輪は4回連続出場。引退後は後世育成活動やコメンテーターとして活躍。2015年に第1子を出産。著書:「勝負をこえた生き方(トランスワールドジャパン)」「杉山愛のウィッシュリスト100(講談社)」

「愛さんが母になるまで そして今思うこと」について、永森とのトークというスタイルでお伺いしました。

IMG_1283 IMG_1309

テニスと共に生き、34歳で現役を引退されるまで、結婚すること、子どもを持つことをどんな風にイメージされていたのか、また結婚後妊娠を希望するに至るまでや、ご夫婦としての捉え方などをお伺いしながら、思うように妊娠に至らなかった時のお気持ちや不妊治療中の思い、その時をどんな風に過ごされていたか、等々とてもフランクにお話しくださいました。不妊治療中は、アスリートとしてスポーツと向き合う困難さとはまた異なる難しさと辛さを感じられていたとのこと。みんな同じですね。愛さんはイメージすることをとても大事にされている方。妊婦の裸体の写真を切り抜き、顔の部分にご自分の顔写真を貼りつけてイメージしていたといった楽しいお話しも印象的でした。

IMG_1313 IMG_1289

引退後につくり始めたウィッシュリストが、自分の人生を切り開くことや自分の気持ちを確認する上でとても助けになったといったお話しも伺うことができました。

IMG_1301

愛さんは、「自分の人生は、どんな結果であろうと、自分で切り開くもの」だということを、世界のトップレベルで闘ってきた元プロテニスプレーヤーとしてだけではなく、女性として生きる上でも実践されている方だということを感じたあっという間の35分間でした。

IMG_1306

太陽のような笑顔と潔さを持ち合わせた素敵な女性、杉山愛さん、ありがとうございました。

最後に登壇者全員(久保先生、平山先生、杉山愛さん、永森)のシンポジウム。
テーマは「手遅れにならないために、今、何が必要?」。

今回、事前にいただいた登壇者への質問が多く、せっかく皆さんからいただいたので出来る限りお答えしようということになり、このテーマに沿ったご質問にお答えする時間にさせていただきました。

IMG_1318

まず最初に質問を受けた登壇者がお答えし、それについて他の登壇者も含めて皆で検討する流れ。

IMG_1337 IMG_1355

「若い娘さんを婦人科の検査に連れていっていいものか不安がある」といった親御さんからのご質問や、「人生の闘いに勝つための秘訣、気持ちを持ち直したり切り替える方法は?」、「カウンセリングってどんなもの?」といった不妊治療中の方から、「男性の不妊診断方法や不妊対策は?」といった若い世代の男性からのご質問等々、さまざまな興味深いご質問をいただき、このシンポジウムの時間もあっという間でした。

IMG_1334 IMG_1363

今、社会では、ダイバーシティーという言葉が浸透していますが、人の生き方は多様でいい。ただ、正しい知識を知っておくこと、また自分とは違う生き方をしている人を知ろうとすること、自分だったらって考えてみることが、どんな立場の方々にも必要ではないかと感じています。

約70名ほどの参加者の中、アンケートを記入くださった方は65名もいらっしゃいました。たくさんの方々にご協力いただいたアンケート。参加してよかったといったご意見を多くいただきました。ありがとうございました。

QA-2

今後も、より多くの方々に見聴きしていただきたいと思いをあらたにした時間でした。

ご協力くださいましたすべての皆さま、ありがとうございました。

IMG_1386

一般社団法人MoLive(モリーヴ)
永森咲希

「知っててほしい 妊娠適齢期!(不妊の現状から)~男女で考えよう 後悔しないライフプラン~」

平成29年11月23日(木・祝)、下記のとおりイベントを開催します。

お申込みはこちらです⇒ https://infomolive.jimdo.com/

MoLive QR Code

「知っててほしい 妊娠適齢期!(不妊の現状から)~男女で考えよう 後悔しないライフプラン~」(平成29年度港区立男女平等参画センター リーブラ助成事業)

「いくつになっても自分が望んだ時に子どもはできる」
そう思っていませんか。

MoLiveEvent1123-chirashi-1  MoLiveEvent1123-chirashi-2

現在の日本では、活躍する女性が増える一方、妊娠出産の正しい知識がないがための晩産化が進んでいます。「高齢になっても妊娠出産できる」「医療の手さえ借りれば子どもはできる」といった安易な思い込みから妊活をはじめた結果、長期間の治療になり「治療がやめられない」「あきらめられない」といった負のスパイラルに陥り、人生の再構築に苦悩する人(夫婦)が増加している現状もあります。「知らなかった」と後悔することがないよう、「正しい知識を発信する場」として講演及びシンポジウムを開催いたします。

【概 要】

◆ 日 時
平成29年(2017年)11月23日(木・祝) 14時00分~17時30分 開場 13時30分

◆ 会 場
港区立男女平等参画センターリーブラ 1階「リーブラホール」
〒105-0023 東京都港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦内
URL: http://www.minatolibra.jp/institution/

◆ 定 員
190名(先着順 事前申し込み必要)

◆ 参加費
無料

◆ 対象者
関心のある一般のすべての人
(若い世代の男女 / 親世代 / 教育関係・企業担当職の方々等)

◆ 協 力
NPO法人 日本不妊予防協会

【参加申込方法】

・ 先着順、事前のお申込みが必要です。
・ 10月1日(日) 8時より受付開始。
・ 下記URLのリンクが申込みフォームになっています(10月1日8時より受付可)
こちらから⇒ https://infomolive.jimdo.com/
・ 登壇者への質問欄あり。

【当日のプログラム】

14:00-
開会挨拶

◆ 講演 Ⅰ:「生殖医療の現状と医師から伝えたいこと」(14:05-14:40)

DrKubo-hp

久保春海医師
・ NPO法人日本不妊予防協会理事長
・ 日本生殖心理学会名誉理事
・ 東邦大学医学部名誉教授
・ 渋谷橋レディースクリニック院長

~久保春海先生からのメッセージ ~
皆さんは「子どもが欲しい」と思った時、努力をすれば授かるものだと思っていませんか。残念ながらそれは間違いです。妊娠出産には年齢がとても大事。多くの患者さんを診てきた医師の立場からお話しします。

◆ 講演 Ⅱ: 「男性たちよ、知識を持とう!」(14:40-15:15)

Hirayama-hp

平山史朗先生
・ 東京HARTクリニック 生殖心理カウンセラー
・ 臨床心理士
・ 日本生殖心理学会副理事長
・ 家族心理士

~平山 史朗 先生からのメッセージ~
“不妊は女性の問題”とは男性だって思っていないはず。でもその情報は女性についてのものが多く、男性がどのように理解し、取り組めばよいのかについてはあまり教えてくれません。今回は男性が知っておきたい不妊の知識と対処法についてお話しします。

◆ 講演 Ⅲ: 「考えてみて あなたの人生の季節」(15:15-15:50)

nagamori-hp

永森咲希
・ 一般社団法人 MoLive(モリーヴ)代表
・ 不妊カウンセラー
・ キャリアコンサルタント
・ 家族相談士

~永森 咲希 からのメッセージ~
私自身「健康でさえあればある程度の年齢になっても子どもはできる」と高を括り、6年間の不妊治療の末に子どもをあきらめた経験があります。 後で後悔することのないように、“妊娠適齢期” 知ってください!

(5分休憩)

◆ トークセッション:「愛さんが母になるまで そして今思うこと」(15:55-16:30)
(杉山愛さんとのトーク with 永森咲希)

ai-san

杉山愛さん
・ スポーツコメンテーター
・ 元プロテニスプレーヤー
2009年10月の引退まで、17年間プロツアーを転戦。WTAツアー最高世界ランクはシングルス8位、ダブルス1位。グランドスラムでは女子ダブルス3度の優勝、混合ダブルスでも優勝、シングルスでは連続出場62回という世界記録も樹立。五輪は4回連続出場。引退後は後世育成活動やコメンテーターとして活躍。2015年第1子出産。著書:「勝負をこえた生き方(トランスワールドジャパン」「杉山愛の“ウィッシュリスト100”(講談社)」

~杉山 愛 さんからのメッセージ~
人生はいろいろな選択があり、女性も男性も、自分らしく生きることが大切だと思います。結婚をするのかしないのか、子供が欲しいのか欲しくないのか、などライフプランを考えるきっかけになれば嬉しいです。

(10分休憩)

<シンポジウム>

◆ 「手遅れにならないために、今、何が必要?」(16:40-17:30)

久保春海医師・平山史朗先生・杉山愛さん・永森咲希
この時間帯に、来場者の方々からのご質問についてお答えします。

17:30-
閉会挨拶

この機会にぜひ一緒に考えてみませんか。
皆さまのご参加、お待ちしています。

 

下記は、既に終了したイベント記事です。

「流産・死産という悲しみについて ~小さな命をなくした体験を語り合う会~」

昨年発足したWAKOMO会の初イベント「流産・死産という悲しみについて ~小さな命をなくした体験を語り合う会~」は、5月28日に無事終了しました。

0528-chirashi-final-1  0528-chirashi-final-2

おひとり、またご夫婦でいらした当事者の方々、その当事者を支える医療関係者の方々、皆さんそれぞれがご自分の体験と向き合いながらその場を共有くださいました。

当日の詳細に関しましては、後日、WAKOMO会のページにてご報告させていただきます。

20170528-2

夫婦の困難 どう乗り越える?第2回 流産・死産を乗り越えて ~当事者の立場から・支援者の立場から~

※ お申込み人数が定員に達しましたので、締め切らせていただきました(10月28日)

<平成28年度港区立男女平等参画センター リーブラ助成事業>

待ちに待った喜び。思いがけない幸せ。ずっと続くと思っていた、そんな新たな命に対する思いを突然失うことになったら・・・。そのことをどんな風に受け留めたらいいでしょう。そばにいる家族はどんな風に支えたらいいのでしょう。流産・死産とはどういうものなのか。体験者や支援者の専門家の話を聴いたり、同じ経験者と話しをしたりしながら、一緒に考えてみませんか。

1030poster

受付開始:2016年9月30日(金)から

日時:2016年10月30日(日)12時40分開場 午後1時~4時

会場:港区立男女平等参画センター ”リーブラ” 2階 学習室C、D1、D2
(港区芝浦1-16-1  URL: http://www.minatolibra.jp/  地図はご案内の最後に掲載)

1部:講演(1時~2時20分)
・石井慶子 先生(お空の天使パパ&ママの会(WAIS)代表 / 聖路加国際大学客員研究員 / ART岡本ウーマンズクリニック生殖心理カウンセラー)
・池田麻里奈 先生(コウノトリこころの相談室 / 不妊カウンセラー)
・永森咲希(不妊カウンセラー / キャリア・コンサルタント / 産業カウンセラー / 家族相談士)

2部:お話し会(2時30分~3時50分)
ひとりで考えず、同じ経験をしている人たちと一緒に、他の人にはなかなか話せないような流産・死産のこと、お話しなさってみませんか。安心できる空間で、10人前後の小グループに分かれていただき、進行役は心理学を学んだ者が担当します。

◇ 定員
45名

◇ 参加費
無料

◇ 対象
1部の講演:① 流産・死産の経験者(おひとりでもご夫婦でも・子どもをあきらめた方も含む)
② その家族  ③ 妊娠を望む夫婦  ④ 医療関係者  ⑤ 支援者
2部のお話し会:流産・死産の経験者で妊娠を希望する方、不妊治療中の方、子どもをあきらめた方(おひとりでもご夫婦でも)

◇ 申込先
タイトルを「10月30日講座申込み」とし、下記の必要項目と、1部のみ参加か、1部2部共に参加かを記入の上、Eメールにてお申込みください(担当:永森)。
Eメール:saki.nagamori@molive.biz

【必要項目】
1部に参加の方
・氏名(ハンドルネイム可)
・電話番号(緊急時用)
・ご自身の立場(①~⑤のいずれか)

2部に参加の方
上記に加え、ご年齢(①20代 ②30代前半 ③30代後半 ④40代前半 ⑤40代後半 ⑥50代)及び流産・死産のどちらをご経験されたかお知らせください。グループ分けの参考にさせていただきます。

メール受信後、当方からの確認連絡をもって受付完了となります。

◎個人情報保護方針:皆様からお預かりする個人情報に関して、お申し込みの講座運営及びそれに関わるご連絡以外の目的には使用いたしません。また、皆様の個人情報を無断で第三者に提供することはございません。

【講師:石井慶子先生のプロフィール】

ishiisan3

「お空の天使パパ&ママの会(With the Angels in the Sky: WAIS)の代表として流産・死産・新生児死を経験した夫婦を14年間支え続け、聖路加国際大学客員研究員としては「天使の保護者ルカの会」でグリーフカウンセリングを担当。当事者の悲嘆のかたちや周産期のグリーフケアについて研究。生殖心理カウンセラー(がん・生殖医療専門心理士)・社会福祉士・精神保健福祉士・家族相談士

【講師:池田麻里奈先生のプロフィール】

ikedasan1

30歳から不妊治療を開始。約10年間の治療の中で流死産を経験。不育症と診断される。自身の経験から不妊の悩みを話す場所や赤ちゃんを失った人への支援の重要性を感じ、当事者カウンセラーとして小さな相談室を開く。不妊・流産・養子縁組相談の他、みんなで語る「コウノトリの会」を月1回開催。

【講師:永森咲希のプロフィール】

poster-1

6年間の不妊治療中に流産を経験。現在は夫婦ふたりの人生を歩む。治療を終わりにし、子どもをあきらめてからの心の揺れにも寄り添う当事者支援に従事。一般社団法人MoLive(モリーヴ)代表。不妊カウンセラー、家族相談士、産業カウンセラー、キャリア・コンサルタント。著書は「三色のキャラメル ~不妊と向き合ったからこそわかったこと~」(文芸社)。

【会場地図】
港区立男女平等参画センター ”リーブラ” 東京都港区芝浦1-16-1

libra-map

・田町駅」東口(芝浦口)徒歩5分
・都営地下鉄三田線 A6出口 徒歩6分
・ちぃばす芝ルート・芝浦港南ルート(品川駅港南口行)「みなとパーク芝浦」徒歩0分 / ちぃばす芝浦港南ルート(田町駅東口行)「芝浦一丁目」徒歩4分
・お台場レインボーバス「田町駅東口」徒歩7分
・都営交通「田町駅東口」徒歩6分

【ちらし】

final-chirashi-1  final-chirashi-2

ちらしのPDFはここをクリック⇒ chirashi-1030-minatoku-c-final-rev

本企画の情報が、必要としている方の元に届きますように。

夫婦の困難 どう乗り越える? 第1回 不妊治療の終結を共に考える ~医療者の立場から・当事者の立場から~

<港区立男女平等参画センター ”リーブラ” 助成事業>

さまざまな思いから不妊治療をやめられない方々が増えています。
なかなか人には話せない話、聞けない話。
でも女性にとっても男性にとっても大事なこと。人生の大事な岐路。
ドクターの話や体験者の話を聞いたり、同じ経験者と話したりしながら、”不妊治療を終わりにすること”について一緒に考えてみませんか。

forHP-Libra-FinalFinal-Poster1

受付開始:2016年5月18日(水)から
会場:港区立男女平等参画センター ”リーブラ” 2階 学習室C、D1、D2
(港区芝浦1-16-1  URL: http://www.minatolibra.jp/  地図はご案内の最後に掲載)

1部:講演(1時~2時15分)
・杉本公平先生(東京慈恵会医科大学 産婦人科医師)
・永森咲希(不妊(ピア)カウンセラー/キャリア・コンサルタント/産業カウンセラー/家族相談士)
2部:お話し会(2時25分~3時50分)
ひとりで考えず、同じ経験をしている人たちとお話しなさってみませんか。
進行役は心理学を学んだ者が担当します(10人前後のグループに分かれます)

◇ 定員
45名

◇ 参加費
無料

◇ 対象
1部の講演:不妊治療中の方・その家族・医療関係者・支援者
2部のお話し会:不妊治療中の方のみ(お一人でもご夫婦でも)

◇ 申込先
タイトルを「6月18日講座申込み」とし、下記の必要項目と、1部のみ参加か、1部2部共参加かを記入の上、Eメールにてお申込みください(担当:永森)。Eメール:saki.nagamori@molive.biz

【必要項目】
 1部に参加の方
・氏名(ハンドルネイム可)
・電話番号(緊急時用)
・ご自身の立場(①当事者 ②家族 ③医療従事者 ④支援者)
 2部に参加の方
上記に加え、ご年齢(①20代 ②30代前半 ③30代後半 ④40代前半 ⑤40代後半)

メール受信後、当方からの確認連絡をもって受付完了となります。
◎個人情報保護方針:皆様からお預かりする個人情報に関して、お申し込みの講座運営及びそれに関わるご連絡以外の目的には使用いたしません。また、皆様の個人情報を無断で第三者に提供することはございません。

【講師:杉本公平先生のプロフィール】
産婦人科医師。東京慈恵会医科大学卒業。現在、東京慈恵会医科大学産婦人科学教室講師。生殖部門チーフ。不妊症外来担当。専門は、高齢不妊患者への治療及びカウンセリング、子宮内膜症合併不妊症例などの腹腔鏡手術。生殖医療専門医、腹腔鏡技術認定医、臨床遺伝専門医、不妊カウンセラーとして日々患者の診療にあたり、臨床経験から学んだ「グリーフ・ケア」や「スピリチュアル・ケア」に基づいた産婦人科医療に取り組んでいる。また、日本がん・生殖医療学会のサイコソーシャルケア委員会の委員長として妊孕性温存医療の必要な患者さんのカウンセリング体制構築に力を入れている。

【講師:永森咲希のプロフィール】
6年間の不妊治療にピリオドを打ち、現在は夫婦ふたりの人生を歩む。切望する我が子をあきらめた後、新たに人生を再構築していくことがそう容易くないことを自らの経験から学ぶ。不妊治療の終結の時期を丁寧に扱うことの重要性を唱える活動のため2014年に一般社団法人MoLive(モリーヴ)を設立。現在は不妊(ピア)カウンセラー、家族相談士、産業カウンセラー、キャリア・コンサルタントとして、カウンセリングやわかち合いの会の開催といった当事者支援や講演活動に従事。著書は、自身の体験を綴った「三色のキャラメル ~不妊と向き合ったからこそわかったこと~」(文芸社)。

【会場地図】
港区立男女平等参画センター ”リーブラ” 東京都港区芝浦1-16-1

image2

・田町駅」東口(芝浦口)徒歩5分
・地下鉄浅草線・三田線「三田駅」出口 徒歩6分
・ちぃばす 芝浦港南ルート「芝浦一丁目」徒歩4分
・都営バス(田92・99)「田町駅東口」徒歩7分

【ちらし】

forHP-Final-Chirashi-12 forHP-Final Chirashi-21