MoLive(モリーヴ)へようこそ

MoLiveってなに?

Moon(月)and Live(生きる)"MoLive"
More(もっと)Lively(活き活きと)"MoLive"
Mother になることを目指した人たちへ

モリーヴとは、
月のサイクルで生きる女性たちが、不妊・妊娠・出産というステージの中で、さまざまな葛藤を持ちながらも笑顔で活き活きと過ごしていけるよう願いを込めてつくった造語です。

多くの女性たちが、迷いながらも豊かな人生を歩めるようお手伝いできたらと思います。

モリーヴでは、不妊治療中の方々のみならず、不妊治療を終わりにするかどうかで悩む方々、また不妊治療を終え、子どもをあきらめて夫婦ふたりの人生を生きる方々も対象に、心の支援に努めます。


不妊治療のその先は? キャリアとの両立はどうすればいい?

【不妊治療のその先は?】


妊娠希望年齢が高齢化している昨今、なかなか妊娠できない方、不妊治療が長期化する方が増えています。どんなに医療の力を借りても、生物学的に高齢で妊娠することは簡単なことではありません。子どもを切望している思いとは裏腹に、願いが叶わずあきらめざるを得ない方も多くいらっしゃいます。

「我が子を抱き、育てる」「家族を増やす」
そんな願いが叶わず、平凡な夢をあきらめて新たに人生を再構築していくことは容易ではなく、人によってはそこからさらに苦悩を深められる方もおられます。

不妊治療をやめて、子どもをあきらめたら、子どもを願った思いは消えるのでしょうか。

子どもを願った思いを大事に抱えながらも、その先も長く続く人生を幸せに豊かに生きるために、上手に不妊治療から卒業し、折り合いをつけていく必要があります。

「今はとても苦しい」
「子どもがいない人生は受け入れられない」
「将来が思い描けない」

子どもをあきらめる状況を、こう嘆かれる方がたくさんいらっしゃいますが、これは当たり前の感情、思い。「我が子に出会う」という目的地を目指して走り続けてこられたわけですから。

別の道を生きるために大切なことは、少々時間がかかっても、別の目的地を目指してソフトランディングすることです。

不妊治療を終わりにする時期、子どもをあきらめる決断をする時こそ、自分自身やパートナーと丁寧に向き合い、時間をかけてでもご夫婦なりの決断ができるように、その時期を大事に過ごしていただきたいと思っています。

一般社団法人 MoLive(モリーヴ)では、不妊治療中の方々のみならず、不妊治療を終わりにするかどうかで悩む方々、また不妊治療を終え、子どもをあきらめて夫婦ふたりの人生を生きる方々も対象に、心の支援をしています。

【キャリアとの両立はどうすればいい?】

仕事と治療の両立で悩む方が多くいらっしゃいます。
不妊に関する心理的な悩みをお聴きするだけでは、働く方々の混乱した複雑な思いはなかなか晴れないでしょう。

生殖とキャリアの問題は切っても切れない関係にあります。キャリアプランとライフプランも密接な関係にあります。

今はまさに女性活躍推進法で女性の活躍が後押しされる社会ですから、今後、妊娠・出産に関しては手厚い支援も増えていくのではないでしょうか。妊娠・出産が思い描いていた通りに運べば、育休・産休等含め、キャリアプランの見通しも立てやすいでしょう。

けれど、妊娠・出産が思い描いたようにいかず、不妊治療が長期化したらどうでしょう。
仕事と治療の両立に難しさを感じ、退職を考える方も多くおられます。それまで築いてきたキャリア、その先のキャリアプランはどうしたらいいでしょう。

ライフプランとキャリアプランを並行して考えながら、その時その方にとってベストな選択ができるように、MoLiveでは、子どもを望む”個人としての自己”と、キャリアの指向性や職業経験及び能力等を含めた”仕事の中の自己”の理解を深めながら、混乱を整理し、方向性を検討するお手伝いをさせていただきます。

********************************************************
   
                

またMoLiveでは、不妊治療を卒業し、子どもをあきらめざるを得ない方々に向けて、医療現場のドクターやナース、臨床心理士や相談士といった周囲の支援者の皆さんからのエールをお届けしています(2015年4月~)。目まぐるしい診療現場ではなかなか伺えないような皆さんの思いを、ぜひご覧ください。

    
 ドクターからのエールはここをクリック(臨床心理士の先生を含む)
 医療法人 絹谷産婦人科(KWC) 絹谷正之院長先生のエールインタビューはここ

 ナースからのエールはここをクリック                    東邦大学医療センター大森病院 リプロダクションセンター 永野妙子看護師のエールインタビューはここ

  心理援助職の支援者からのエールはここをクリック                  KWC絹谷産婦人科 花谷智子先生(臨床心理士/生殖心理カウンセラー)のエールインタビューはここ

*******************************************************************

一般社団法人MoLive(モリーヴ)は、妊娠を望む女性たちが、さまざまな悩みや葛藤を持ちながらも、納得し、充実した人生を歩めるように、その心のケアを目指します。

女性の働き方、生き方が多様になり、多忙な時間に流されがちな現代、みなさんが、納得し満足できる人生を笑顔で過ごしていけるよう、その支援活動に従事して参る所存です。

MoLiveでは、
 ★ 面接カウンセリング(個人 / カップル / ご家族)
 ★ 電話・スカイプカウンセリング(個人 / ご家族)
 ★ MoLive茶話会(わかちあいの会)
 ★ 講演活動
 ★ イベント企画

 ★ 啓発活動
等を行っています。

詳しくは各ページをご覧ください。