ご挨拶

代表 永森 咲希(ながもり さき)

           

私は、6年間の不妊治療を経て、現在子どものいない人生を歩んでいます。

不妊治療中は、人生の時間が止まったような感覚を味わいました。子どもをあきらめた後は、新しい希望と共に人生の再構築をすることが容易ではないことを知りました。その後2014年に一般社団法人MoLive(モリーヴ)を立ち上げ、子どもができずに悩む方々のメンタルサポートに従事しています。

多くの当事者の方々のお話を伺う時間の経過の中で、社会には子どもができない悩みから派生するさまざまな問題があることがわかりました。

まず、当事者の心やアイデンティティーの問題。
「子どもができない」悩みは特有で多岐に亘りますが、多くの当事者が「なかなか人には話せない」「話しても理解してもらえない」と悩みや葛藤をひとり抱えがちで、精神的にも追いつめられる状況に置かれるケースが往々にしてあります。

次は職場の問題。
不妊治療と仕事との両立に苦悩して精神的に疲弊したり、上司や周囲との信頼関係を失ったり、自身のキャリア形成プランへの影響が出たりすることがあります。不妊治療と仕事との両立ができずに退職し、積み上げてきた企業内での経験とキャリアを失う決断をせざるを得ない方も少なくありません。退職して子どもができればその決断も報われますが、できずに仕事に戻りたいと再就職を目指しても年齢的にスムーズに決まらない、また転職先と合わず元の職場を辞めたことを後悔してしまう、といった方もいらっしゃいます。企業にとっては大事な人材の流失に繋がることにもなるわけです。

そして、医療の問題。
患者が望めば何歳でも治療を受けられる傾向が強い日本の不妊医療の環境下、治療をやめられない方も多くいらっしゃいます。不妊治療を精一杯頑張ってもなかなか子どもに恵まれず、治療が何年にも及んでいるのに、「もう1度治療をしたらできるのではないか」という思いに囚われ、治療がやめられない方は少なくありません。残念なことですが、子どもを願って頑張るすべての方々の願いが叶うわけではないのも現実です。晩婚化や妊娠の希望年齢が高齢化していることもその原因のひとつでしょう。

何年もの時間を治療だけに費やした末に目標を失い、その先の人生を再構築するのにさらに苦労される方もいらっしゃいます。だからこそ不妊治療の終結期(子どもをあきらめる時期)や、あきらめたことと丁寧に向き合うことが必要だと考えています。そこから先、まだまだ長い人生が待っているわけですから。

さらに、教育の問題。
妊娠希望年齢の高齢化と共に不妊で苦悩する方が増えていることや、不妊治療さえすれば子どもができると思い込んでいる男女が増えているという状況の背景にあるのは、まさに教育の欠如と言えます。

このように、子どもができずに悩む方々を取り巻く環境には様々な課題があります。
この課題を解決するには、企業・医療・教育、それぞれの領域の連携が欠かせないという思いが募り、2020年MoLive(モリーヴ)をリニューアルし、新たな挑戦に取り組むことにいたしました。

子どもの有無にかかわらず、人は活き活きと生きる権利があるはずです。たとえ理想の家族を得られなかったとしても、自分を大事に、自分(たち)の人生を大切に、納得しながら笑顔の多い人生を生きていただきたい。
そんな思いを持ち続けながら、微力でも、皆さまのお役に立てる活動を目指していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

一般社団法人MoLive(モリーヴ)
代表 永森咲希    
  

【プロフィール】
 1964年、東京生まれ
 聖心女子大学外国語外国文学科卒業後、外資系企業に勤務
 一般社団法人MoLive(モリーヴ)代表
 オフィス永森 代表

【取得資格】
 不妊カウンセラー / 国家資格キャリアコンサルタント / 家族相談士 / 産業カウンセラー /
  
【所属学会・協会】
 日本不妊カウンセリング学会
 日本生殖心理学会
 日本家族カウンセリング協会
 日本産業カウンセラー協会

【出版書籍】
 「三色のキャラメル -不妊と向き合ったからこそわかったこと-」
  (2014年10月1日刊行)

          

【論文】
 家族療法研究 2015 Vol.32 No. 1(金剛出版)
 特集◆行為と思考としてのバイオサイコソーシャル
   「不妊症夫婦の心理・社会的援助 – 治療の行き詰まりを支える –  永森咲希・渡辺俊之」