ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

2019年最後の茶話会は座禅とのコラボレーション

12月14日(土)、2019年最後の茶話会は、「卒業生(子どもをあきらめた方々)の会」でした。

2時間の茶話会の後に、座禅を経験いただくという企画でしたが、あっという間に定員になり、お断りした方々がいるほど。お申込みくださったのにご参加いただけなかった方々、ごめんなさい。

sawakai-20191214-1

今回参加くださった方々は40代~60代と年齢層も幅広く、山口や名古屋といった遠方から参加くださった方々もいらっしゃいました。

今回は、初めて座禅とのコラボ。
中川香水氏(※下記にプロフィール記載)の講話と指導のもと、皆さんに座禅を体験いただきました。

自然豊かな会場で、皆さんを待っていたかのように真っ赤な紅葉の出迎えと共に、ゆったりと始まりました。

sawakai-20191214-2

sawakai-20191214-3

「子どもをあきらめたのは、もう随分前のことなんでしょ? それなのに、まだわかち合いなんて必要なんですか?」という方がいらっしゃいます。

子どもをあきらめたのが何年も前だとしても、いくら時間が経ったとしても、願った想いが消え去るわけではなく、何かのきっかけで思い起こされることがあると皆さんおっしゃいます。普段は元気に楽しく暮らしていても、ふとしたことで蘇ってくる想いがあること。それは良し悪しではなく、いたしかたないこと。強く願った時があったことも、その努力をしたことも、なかったことにはできない。自然なことではないでしょうか。

何年も前に子どもをあきらめ区切りをつけたとして、、、たしかにその時の深い絶望や心の痛みは年月と共に緩和されていくでしょう。
ですが、年齢を重ねていけば見える景色にも変化があり、別の次元で子どもがいないことを切なく、寂しく思うことも出てくると多くの方々がおっしゃいます。高齢になり弱くなるにつれ、そうした感覚が増すのかもしれませんし、最期の時を迎える時までそんな気持ちの波がやってくるのかもしれません。

卒業生のためのわかち合いの会に参加される方々がいらっしゃるのは、そんな背景があります。

sawakai-20191214-4

まずは自己紹介と共に2時間のわかち合い。
普段は笑顔で元気にがんばっておられる方々ばかりでしたが、日頃なかなか話せないような思いを吐露されたり、お聞きになったりしてらっしゃいました。ルールのもとに進められる守られた空間ゆえ、皆さん安心してお話されます。

わかち合いの後は、中川香水氏の講話を伺い、座禅指導を受け、そしていざ座禅開始。

sawakai-20191214-5

初めての方も多く、皆さん興味深々。
座禅を組み、静かに自分の息だけを数える数息観という修行法に初挑戦されました。

sawakai-20191214-6

お香の香りが漂う静かな空間で、ただただ一同、姿勢を正して呼吸を数える。
他のことはいっさい考えない、ただ自分の呼吸に集中して数だけを数える、そのことがどれだけ難しいことか。いかに日常は邪念に振り回されているかを皆さん知ることになった時間でした。

下記はアンケートにお答えくださった方々のコメントです。
【感想】
・ 「私はこのままでいいんだ」と思えました。今の自分をきちんと受け入れてあげようと思いました。座禅を体験できたこともよかった。心が少し軽くなりすっきりしました。

・ 同じ悲しみや苦しみを経験された方々のお話を聞けたことや出会えたことに、ひとりじゃないと心強くなれました。こういった場を企画していただき本当にありがとうございます。座禅も良い体験でした。日常に摂り入れ、心が揺れ動く時には役立てたいと思います。

・ ありがとうございました。感情の波やブラックな部分、迷いなど自分ひとりではないと心から感じられ、温かい思いでこれから頑張れます。

・ 普段の生活ではなかなか口に出せない話など、同じ境遇の方々と共有でき、ほっとしました。座禅は初めてでしたが、呼吸の大切さに気づき、自分の心の様子を知ることができました(邪念がいっぱい・・・)。

・ 皆さんの話にはとても参考になり、共感でき、これからのことを少し前向きに考えられそうです。今日の話を心にとめて、日常生活に活かしていきたいと思います。

・ 座禅は初めてだったので、新鮮な体験でした。雑念を流すのは難しいですが、とても大事なことだと思いました。

・ 座禅で久しぶりに自分が呼吸していることを意識しました。

終了後は、懇親会で乾杯。

初対面でも率直に語り合った時間があったからか、中川香水氏の講話の感想を言い合う等、懇親会でもフランクに意見交換。それぞれが異なる受け留め方をしていても、皆さん柔軟に捉え、更に視野が広がった様子でした。

sawakai-20191214-7

皆さんの2020年、笑顔が多い1年になりますように。
またお会いしましょう。

※ 中川香水氏のプロフィール

本名:中川深雪
中央大学法科大学院教授・弁護士(現職)元検事

法律の世界の中で、さまざまな立場でその重責を担い、厳しい社会の課題に尽力。
専門性の高い人材育成のため、教育に対しても労を惜しまい熱意と気さくで温かい人柄から、学生からの人気も高い。多忙な日常を過ごす中で座禅に巡り会い、座禅の人にもたらす効果に魅かれ、現在は人間禅東京支部 (荻窪座禅会担当)にも所属。気軽な座禅を多くの人々に伝えている。

https://shinri.online/3244/

永森咲希

2019年12月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

栄養と妊娠&不妊治療の関係性に着目!

先日の日曜日(2019年11月10日)、「ハーバード大学 Jorge Chavarro先生 初来日記念講演会」に伺ってきました。

20191110-2

本講演は「納得感の高い生殖医療のために、栄養やライフスタイルがART成績に及ぼす影響について」がテーマ。 栄養やライフスタイルがARTに及ぼす影響についての最新のエビデンスを、それぞれの領域における先生方がご講演くださいました。

冒頭に、講演会を主催された株式会社パートナーズの細川忠宏代表のご挨拶。

20191110-3

アメリカのJorge Chavarro先生を訪ね、「Fertility Diet」という先生の著書を翻訳させて欲しいと直談判されたことから、今回の講演に繋がっているというお話を聞かせていただきました。

その書籍は2013年に出版された「妊娠しやすい食生活」(マグロウヒル・エデュケーション社)。
この本では、全米で18000人の女性を対象に行われた「看護師健康調査」のなかから、科学的根拠に基づく新しい事実を紹介しています。調査の結果、精製された炭水化物、悪い脂質、赤身の肉を減らし、代わりに全粒穀物、良い脂質、植物性タンパク質を摂ることで、妊娠するチャンスが増えるということを謳っています。

20191110-1

私自身常々、口から摂取するものがどれだけ体に影響するか、その重要性を感じていました。小さな鎮痛剤だって飲むとすぐに効くわけですから。
食や栄養素が妊孕性に大きく影響すること、自然なこととして耳に響きました。

プログラム内容は、

20191110-4

=======================================

13:10-
プレコンセプションケアの妊孕能への寄与
太田邦明 先生(福島県立医科大学ふくしま子ども・女性医療支援センター講師)

14:00-
自らできる卵巣機能不全対策 -ライフサイクルの改善、サプリメントの挑戦-
河村和弘 先生(国際医療福祉大学 医学部 産婦人科 教授)

14:50-
精子力向上のために -コンパニオン診断としての精子機能検査-
岡田弘 先生(獨協医科大学埼玉医療センター病院長 泌尿器科主任教授 リプロダクションセンター統括者)

15:40-
食(栄養)とART治療成績 -EARTH Studyからの最新のエビデンス-
Jorge Chavarro 先生(Harvard T.H. Chan School of Public Health, Harvard Medical School)

=======================================

妊娠にどれだけ”葉酸”が大事かといったその重要性や、喫煙やカフェインの影響を考えたライフスタイルの改善等々、不妊予防的観点からも多くを学ばせていただきました。

特に興味深かったのは岡田先生の「精子力向上のために」。今の妊活の現状と問題点をお話くださる中、昨今しばしば耳にする「精子力クライシス(精子を取り巻く危機)」とはどうくことなのか、多くのファクトデータをベースに紹介くださいました。

不妊原因の約5割は男性に問題があります。男性に原因があったとしても、治療を受けるために通院するのは女性であることも、周知されていません。まだまだ「不妊は女性の問題」と片付けられがちですが、多くの方々にこの実状を知っていただきたいとあらためて感じた時間でした。

「子どもができなくてがんばること=恥ずかしいこと」ではありません。
「子どもができないこと=悪いこと(後ろ指さされるようなこと)」でもありません。
女性も男性も、新しい命に向けて努力することは尊いこと。

多様性を受け入れる社会だからこそ、まずその状況、その立場を知ることが大切。
温かく応援して欲しいと思います。

20191110-5

20191110-6

「精巣の温度が上がらないように注意する」
大事なことだそうです!

永森咲希

2019年11月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「西岡塾 女性リーダー塾」を終えて

今年の5月から参加していた「西岡塾」が昨日(12月12日)終了し、無事卒塾しました。

sho-jyo

17期まで続いている「西岡塾」が、今年から新たに開講した「西岡塾 女性リーダー塾」。塾に通っている間、なぜ不妊カウンセラーの私が、ビジネススクールの「西岡塾」に通っているのか、しばしば聞かれることがありましたので、ここで少しお話させていただくことにします。

2014年、私は「三色のキャラメル – 不妊と向き合ったからこそわかったこと -(文芸社)」を出版しました(お読みくださった方々、読後の感想をお寄せくださった方々、ありがとうございます)。パートナーとの子どもを願うようになるまで、そして希望が叶わなかった不妊治療、仕事を辞めなければならなかった環境、子どもをあきらめるという選択やその後の思いについてしたためたものです。

「たったひとりでもいい。『私も同じ』と共感し、ひとりじゃないことを感じていただければそれで本望」という思い。「結婚すればすぐに、簡単に、子どもができるわけじゃない。夫婦の関係、仕事との関わり、正確な妊娠適齢期の知識不足等々、子どもに至るまでにはさまざまなハードルがある。みんな、もっと知って!」という相反する思い。悶々とした消化不良な気持ちを、書籍を通して外に出すという作業でした。

そしてそれをきっかけに、子どもができずに悩む方々を支援する団体、一般社団法人MoLive(モリーヴ)を設立。

以来4年が経過しましたが、このMoLiveをどう維持していったらいいのか、「伝えたい思い」をどう伝えていったらいいのかがわからず、その課題の解決策がなかなか見いだせずにいた時のこと。ヒントを得られる“何か”を探していた時、目に留まったのが、西岡郁夫氏が塾長を務める「西岡塾」でした。

nishiokajyuku

西岡塾長との面接をし、入塾の承諾をいただいたものの、「大手企業から優秀且つ有能な管理職や管理職候補の女性社員たちが送り込まれてくる中、はたして私がついていけるだろうか」 と不安は募るばかり。ですが、背に腹は代えられない。ここで学ばなくては生涯もうこんな機会はない気がし、藁をもすがるような気持ちで飛び込みました。個人で入塾したのは私ひとり。しかも最年長・・・。

こうした緊張と共に始まった塾でしたが、その不安はあっという間に払拭されました。優しく思いやりのある同期ばかり。塾に通うのが楽しみになりました。

7か月間の塾から学んだことはとても大きく、まさに今の私にとっては大変意義のある時間になりました。

自ら人生を切り開いてきた方々ばかりの講師陣。そのおひとりおひとりから、強烈なダイナミズムとレジリエンスのある生き方をご教示いただき、さまざまなメッセージ(言葉)からも背中を押していただいたような気持ちになりました。

塾長からは常にエネルギーをいただき、事務局スタッフにはいつも温かく支えてもらいました。

MrNishioka2

同期の塾生たちからもらった力も大きい。

組織から送り込まれるような人たちであっても、それぞれライフイベントと仕事との狭間での葛藤に揺れたり、今後の将来に向けて迷う気持ちを持っていたり。年齢・世代問わず、小さな“気になること”から大きな悩みまで何かしら抱えながら生きる中、活き活きと生きたいという思いを持つ同期の皆んなの姿勢に、さらに強く背中を押された思いでした。

なんとかこの学びを活かしていきたいと思います。

昨日の12月12日の最終日は、インテグラル株式会社の代表取締役パートナーでもあり、スカイマークの立て直しを担っておられる佐山展生氏のご講義と、塾生の自己変革発表で締めくくられました。

mypresen

withSayama

このご縁に心から感謝です。

西岡塾長、小安さん、冨岡さん、同期の皆さん、ありがとうございました!

                     西岡塾 女性リーダー塾1期生 永森咲希

2018年12月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

辻井伸行のコンサートを聴いて

16日金曜日の夜、コンサートに行ってきました。

ずっと聴きたかった辻井伸行と指揮者ウラディーミル・アシュケナージとアイスランド交響楽団との共演。

世界的指揮者のアシュケナージ氏と、彼から薫陶を受けている辻井氏と、選りすぐりの演奏家たちとの共演の機会に、ドキドキの思いで向かいました。

tsujii5

辻井氏の表情がわかる席で聴いた彼の生演奏。
静謐さの中にある繊細で清らかな音と、強く激しい音に圧倒された時間。
自分をあきらめない音、自分を信じる音に、涙が止めどなく溢れ、魂を揺さぶられた時間でした。

辻井氏のこれまでの足跡を辿り、実際その音を聴いて感じたことは、彼はきっと「天才」なんかではないということ。

彼には自分を信じる力があった。
そして、彼の努力が彼をつくった。

差し伸べてくれた人の手をどう握るのかも、その人次第。
そんなことを痛切に感じながら、「自分の人生は自分しか切り開けない」ことをあらためて思い知らされました。

演奏曲のひとつ 「ラフマニノフ 交響曲 第2番 ホ短調 作品27」は、徹しで60分という長さ。
小柄な体からは想像もつかないエネルギッシュなアシュケナージの指揮と、アイスランド交響楽団の演奏は本当に素晴らしかったです。

tsujii4

なかなかない心震える感動。
感動という言葉はあまりにも陳腐で、辻井氏のピアノを語るに適した言葉は見つかりませんが、この貴重な素晴らしい機会、すべてに心から感謝しています。

お誘いくださりありがとうございました。

永森咲希
(不妊カウンセラー・家族相談士・キャリアコンサルタント・産業カウンセラー)

2018年11月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

NHK「おはよう日本」に出演

こんにちは。永森咲希です。

本日10月27日(土)、NHK 「おはよう日本」の ”子がいない生き方を模索する女性たち” という特集で、私の活動が取り上げられました。数日間に及ぶ取材に撮影。私がお伝えした多くの情報を丁寧に編集し、わずか数分という短い時間の中に大変よく纏めていただきました。

先週、大手ハウスメーカーの方々に、キャリアとリプロダクティブ・ヘルス/ライツ(生殖に関わる健康と権利)をテーマとした管理職研修の提案をさせていただきましたが、本NHKの撮影もご快諾いただき、その時の様子も放送されました。

sekisui-3

皆さん大変真摯に耳を傾けてくださり、これからのダイバーシティ経営に不妊支援は大事な視点だと理解くださいました。

sekisui-2

sekisui-1

 

続いて「はらメディカルクリニック」さんでのカウンセリングについても、取り上げてくださいました。

hara-1

この日は、不妊治療をやめ、そのことが原因で離婚に至った方のカウンセリングでした。

hara-3

子どもという希望も失い、家族であるパートナーをも失うケースがあります。あきらめてからが、その辛さと悲しみと向き合う本番とも言えるでしょう。

hara-2

子どもの有無にかかわらず、

自分が生まれてきたことを大事に。
自分の人生を大切に。
自分を好きでいられるように。

そのお手伝いをさせていただけたらと思っています。

nagaomri-inter1

「三色のキャラメル -不妊と向き合ったからこそわかったこと-」内の一部をご紹介いただけたことも大変光栄でした。
この本を見つけてくださった、本特集担当の豊島ディレクターに心より感謝申し上げます。

sanshoku1

放送後、多くの方々より、感想や温かいメッセージをいただきました。ありがとうございます。
皆さんのご理解やご支援がなによりの励みとなり、原動力になります。
どうか今後共よろしくお願いいたします。

感謝を込めて。

P.S. 私のインタビューの場所として、素敵な休憩室をご提供くださいましたデジタル・アド・サービス株式会社の皆さま、ありがとうございました。

 

永森咲希

2018年10月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin