茶話会(わかちあいの会)「子どもはあきらめたのに・・・」の様子

今日(2016年9月28日)の茶話会(わかちあいの会)は、こじんまりとアットホームなものだった。こじんまりした会の良さは、おひとりおひとり深く話しができ、じっくり聴けること。そして守られた空間で、少しずつご自身を解放いただけること。

0928sawakai-3

今日のテーマは「子どもはあきらめたのに、時に心が揺れる」。不妊治療を終わりにすることに葛藤した時期は通り過ぎたとしても、新たな戸惑いが出てきたり、漠然としていた不安が現実味を帯びたり。仕事のこと、人間関係のこと、将来のこと・・・etc. 話しの内容は多岐に亘り、互いに共感し合いながらわかち合った、あっと言う間の2時間だった。

おひとりの方がおっしゃった言葉。

「子どもはできなかったけれど、不妊治療をやり遂げた自分を誇りに思う」

誇り。

0928sawakai-4

心に優しいあかりが灯ったようだった。

皆さんがご自身の体験を誇りに思うことができますように。

今日は栗と小豆と葛の和菓子で、秋を先取り。

0928sawakai-1

遠方から2時間かけて参加くださった方、迷わずお帰りになれたかな。
みなさま、お疲れ様でした。

永森咲希

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin