患者の方々への講演@絹谷産婦人科 in 広島(2016.5.21)

広島の医療法人 絹谷産婦人科訪問の2日目、5月21日は、患者さんに向けての「患者セミナー」にて講演させていただきました。
P5211888 P5211886

KWC絹谷産婦人科(以下KWC)では、患者さん全員に、早い段階で患者セミナーへの参加をお勧めしています。その種類は2種類。ひとつは「妊活&心理教育セミナー」で、もうひとつは「治療終結セミナー」です。

診療時間内では患者さんに伝えきれないKWCの方針や診療のスタンス、また妊娠に向けての知識、患者さんに望むこと等々について、絹谷院長先生を筆頭に、各部門から患者さんに向けてガイダンスを行うというものです。

「妊娠を望む方すべてが妊娠できればいいが、そうではない現実がある」
「望んで頑張ってきたことをそんなに簡単に終わりにできるものではない」
「心が揺れて当然。そんな心の揺れや悲しみも支援したい」

そう仰るKWCの絹谷院長先生。
特に「治療終結セミナー」を大事に考え、丁寧に準備されている様子から、妊娠が無理だった場合でも、患者さんにはそこから先の人生をより良く生きてもらいたいという院長の願いが伝わってきました。

ゲストの私は、この日、「The Epilogue for New Start(新しい日々のための最終章)」という演題でお話しさせていただきました。

事前にこんなに素敵なちらしまで作成いただき、患者さんの目の届きやすい院内に設置くださっていました。

P5211885

全体を通したセミナーの内容は、

◆ 絹谷院長先生のご挨拶

最初の絹谷院長先生の2つのお話しは、治療をなさる方々にとっては大変重要なものでした。

P5211910

1.不妊治療には2つの特徴がある。
① 一般的な治療は「個人」が受けるが、不妊治療は「夫婦ふたり」で取り組むもの。
② 一般的な治療は、身体的な症状が主訴であるのに対し、不妊治療は「望み、気持ち、こころ」が主訴。

2.何事にも「始まり」があり「終わり」がある。不妊治療にも「始まり」があり「終わり」がある。その「終わり」について考えることも大変重要。
① 不妊治療の終わりを、「夫婦ふたり」という別々の人間が、正しい知識を共有しながら共に考える必要性。
② 一般的な治療は、「身体的な症状が治るか治らないか」に対し、不妊治療は、「望みが叶うか叶わないか」である。現実的に、叶わない場合も多いがゆえに、こころのケアを十分に行いながら進めていくことが大切。

◆ 医師部門からのお話し(by 楠田朋代先生)

下記の4つの事柄につき、妊娠のしくみも含んだ詳細なファクツデータをもとに丁寧に説明されました。

P5211912

1.女性の年齢上昇に伴う妊孕力の低下
2.「加齢」に伴う卵子の変化
3.年齢別にみた体外受精の成績
4.男性の加齢による影響

◆ 培養部門からのお話し(by 原田義久培養士)

なかなか得にくい正確な培養の知識や情報を、データや映像、写真等を通してわかりやすく説明されました。

P5211914

1.平均採卵個数と変性卵子の率
2.紡錘体の可視化率と形態について
3.顕微授精後の成績について
4.胚盤胞への発生率

◆ 看護部門からのお話し(by 吉原美香子看護師長)

流産、妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離、前置胎盤、妊娠糖尿病といった、年齢が上がるにつれて伴うリスク、妊娠合併症について具体的に提示されました。

P5211918

セミナー終了後、患者さんが「あんなリスクがあるんですね。知っておいてよかった」とお話しになられていたのが印象的でした。患者さんに説明するにはまさに適切なタイミングと場所だと感じた次第です。

次が私、永森咲希の講演。
「The Epilogue for New Start(新しい日々のための最終章)」。
私の話は、いつか妊娠するかもしれない可能性が誰にでもあるように、いつかあきらめざるを得ない可能性も誰にでもあることを前提に、子どもをあきらめるまでの私の体験や、終わりをどんな風に捉えたらいいか、また夫婦ふたりだけで生きる今思うこと等についてお話しさせていただきました。

kanjyaseminar

治療の初期の段階で「終わりにすること」を考えることには、抵抗感を感じられたり、中には不快に思われる方もいらっしゃると思います。希望をもって治療に臨むところ、士気をそがれるようで辛いと感じられる方もおられるでしょう。けれど、高齢で妊娠を望む方が増えている昨今、治療してもなかなか妊娠できない方が増えているのも事実です。やみくもになってしまいがちな不妊治療。どんな結果が待っていたとしても、ご自身の人生を大事に豊かに生きていただきたいという願いを込めてお話しさせていただきました。

患者さんにとっては辛い話。みなさんの耳に届くかどうか心配でしたが、終了後のアンケートを拝見すると、

● 永森さんのお話、とても勇気づけられました。私たちの終結の時も、しっかり話し合って現実に向き合えるよう、今は、「今できること」を頑張ろうとも思います。

● やめどきはその人その人であると思いますが、永森さんのお話を聞いて前向きに治療に取り組みたいと思いました。セミナーに参加すること自体、心が重かったのですが、永森さんのお話を聞けてよかったです。ありがとうございました。

● 不妊治療を経験して、子供を授からなかった方の話を初めて聞きました。みんな同じ思いで生活をしているのだと改めて知ることができ、よい機会になりました。

・・・etc. といった感想を多くいただきました。
私の思いがみなさんに真っ直ぐ届いたことがわかった瞬間。講演後の何よりの時間でした。

そして私が驚いたこと。
KWCスタッフと患者さんの間の、立場上の高い垣根がない関係性でした。
セミナーに来られる患者さんたちの名前と状態をスタッフ(ナース)が把握され、「あの後どうした?」とか「ご主人のお仕事落ち着いたの?」等と、いらした方々とフランクにお話をされ、自然に会場が和やかなムードに。またセミナー終了後も、涙している患者さんの背中にスタッフがそっと手をあてながら思いを聴いて差し上げていたりと、ファミリーライクな場面にいくつも出逢いました。私自身も、病院という感じがせず、何かのコミュニティーの場であるような錯覚に陥ったほどでした。

KWCの「患者セミナー」は、患者さんの思いを大事にされるスタッフが知恵を出し合って企画するもの。その思いに満ちたセミナーでした。

P5211890

心のケアに重きをおいたKWCでは、カウンセリングも充実しています。
通常この「治療終結セミナー」では、花谷智子さん(臨床心理士/生殖心理カウンセラー/がん生殖医療専門心理士)が、終わりにすることやその心のケアについて、あきらめたご夫婦の症例を紹介しながら(ご夫婦の了承済)丁寧にお話しなさっています。

担当カウンセラーの花谷さんは、大変気さくで話しやすい方。治療を終えた後でも、定期的に話しに来る方がいらっしゃるのも頷けます。

P7092054

P7092055

P7092056

KWCのみなさま、そして参加くださった患者のみなさま、ありがとうございました。

kinutani

永森咲希

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年7月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin