辻井伸行のコンサートを聴いて

16日金曜日の夜、コンサートに行ってきました。

ずっと聴きたかった辻井伸行と指揮者ウラディーミル・アシュケナージとアイスランド交響楽団との共演。

世界的指揮者のアシュケナージ氏と、彼から薫陶を受けている辻井氏と、選りすぐりの演奏家たちとの共演の機会に、ドキドキの思いで向かいました。

tsujii5

辻井氏の表情がわかる席で聴いた彼の生演奏。
静謐さの中にある繊細で清らかな音と、強く激しい音に圧倒された時間。
自分をあきらめない音、自分を信じる音に、涙が止めどなく溢れ、魂を揺さぶられた時間でした。

辻井氏のこれまでの足跡を辿り、実際その音を聴いて感じたことは、彼はきっと「天才」なんかではないということ。

彼には自分を信じる力があった。
そして、彼の努力が彼をつくった。

差し伸べてくれた人の手をどう握るのかも、その人次第。
そんなことを痛切に感じながら、「自分の人生は自分しか切り開けない」ことをあらためて思い知らされました。

演奏曲のひとつ 「ラフマニノフ 交響曲 第2番 ホ短調 作品27」は、徹しで60分という長さ。
小柄な体からは想像もつかないエネルギッシュなアシュケナージの指揮と、アイスランド交響楽団の演奏は本当に素晴らしかったです。

tsujii4

なかなかない心震える感動。
感動という言葉はあまりにも陳腐で、辻井氏のピアノを語るに適した言葉は見つかりませんが、この貴重な素晴らしい機会、すべてに心から感謝しています。

お誘いくださりありがとうございました。

永森咲希
(不妊カウンセラー・家族相談士・キャリアコンサルタント・産業カウンセラー)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin