昨日(4月7日)の茶話会、終わりました

昨日は、はらメディカルクリニックでのカウンセリングの後、モリーヴの茶話会「妊活・不妊治療の終結を考える会」で、当事者の方々と密度の濃い時間を過ごした1日でした。

sawakai-1

落ち着いた色味の絵画や陶芸作品の展示の中、ゆったりとした空間でのわかち合いの会(茶話会)。初めて会ったとは思えないほど、皆さんそれぞれが思いの丈を伝え合い、話題も多岐に渡りました。

sawakai-2

パートナーに対する思い
親や姉妹に対する気持ち
人間関係の葛藤
自分のアイデンティティー
経済的な問題
…etc.

涙あり、笑いありのあっという間の時間。

お話しし始めた途端に溢れ出て止まらなくなる涙。聞いている方々も共に涙を流しながら静かに待つ。そんな皆さんの優しい時間が、自然に安心の場をつくっていきました。

同じ経験をしているからこそ、涙にも笑いにも共感し合える特有の場所。
昨日は、下記のような感想をいただきました。

「来る前と今とでは心の重さが違うのが自分でもわかります」
「来るまではとても緊張しましたが、なかなか口に出せないような心境についても安心して話すことができました」
「みなさんの貴重なお話を聞かせていただけて、とても参考になりました」
「わかったことがたくさんありました」
「私だけじゃないんだということを肌で感じることができました」
「今度は卒業された人たちの会にも参加したいです」

治療を続けることや止めることについては、たくさんのブログ等の情報が溢れていて、それに翻弄される方も多くいらっしゃいます。
「もう治療はやめよう、子どもはあきらめよう。そう思ったのに、同じ年齢の人が妊娠されたブログを見て、やめられなくなってしまった」・・・etc.

他の方々の様子を字面で追い、その視覚からの情報を自分の決断や選択に活かすことは難しいことなのかもしれません。他の方々の思いの“温度”を直接感じる体験こそ、ご自身の判断や決断に活かされるものなのかもしれないと、昨日の茶話会を通して感じました。

仕事、治療、家事等で忙しい状態の中参加するのは大変なことですし、知らない場所、知らない人たちの中に身を置くこともとても勇気が要ることです。それをなさる皆さんは、藁をも掴みたい気持ちでいらしたり、なんとか現状を変えたいと思ってらっしゃる方々。参加なさることが、既に次の1歩への種まきだと思います。

みなさんの、人生と真摯に向き合う姿から、私自身もたくさんのメッセージをいただきました。

sawakai-3

ありがとうございました。

モリーヴ 永森咲希

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年4月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin