伯父の旅立ち

伯父が先週84歳の人生を終え、旅立った。
少し長くなるけれど、伯父の冥福を祈る意味で、ここに伯父のことを記したい。

naoji-2

このブログにも一昨年「子どものいない老後」というタイトルで、しばしば書かせてもらった伯父。血のつながりがあるのは伯母で、伯父とは血縁はなかったが、幼い時から娘のような存在として愛情を注いでもらった。

弱くなっても我が家をこよなく愛し、家から離れることに大きな抵抗を示し続けてきた伯父と伯母も、昨年の夏の終わりから介護施設でお世話になることになった。

hiludemoa-1

持病を抱え、大手術をし、何度かの入退院をしながらもぎりぎりまでふたりだけの暮らしを続けてこられたのは、ケアマネさん、ヘルパーさん、ソーシャルワーカーさん、在宅医療の訪問医と看護師さん等々、たくさんの人たちの支えがあったから。誠実で、何事も我が事のように一緒に考えてくれた皆さん。難しいふたりと上手にテンポを合わせてながら、いつも適切な助言をしてくれた。

時に、ふたりを訪ねてケアをする私の心が折れどうにもならない時も、話しを聞き、そっと見守り私に時間を与えてくれた。

ふたりに何かあった時にすぐ動けるように、何年にも亘り、介護施設研究所の担当者にもお世話になった。過去ふたりの生活に限界が感じられたことが何度かあったが、その度にあちこちの施設を一緒に回り親身に相談にのってくれた。にもかかわらず決断できず、自宅暮らしが続くというパターンを繰り返した。近づいたり離れたりするご縁の中、距離を保ちながらずっと伴走してくれていたことには心から感謝している。

そんな時間があったからか、昨年の夏、訪問医から「ふたりの暮らしが限界にきた」ことを伝えられた後の施設選定は早く、あっという間に入居施設が決まった。まさにその担当者のおかげだった。

横浜が好きで住み慣れた家からそう遠くない三溪園。ふたり揃って部屋が確保できたことも奇跡的だったが、薦めてもらったこの施設の介護スタッフには本当に助けられ救われた。

あらゆる観点から、人としての尊厳を大事にする介護。
介護施設での事件を耳にする昨今だが、志高く、家族以上に優しく寄り添ってくれる温かいスタッフたちに見守られながらの生活で、きっと伯父は心穏やかな時間が過ごせたのではないかと思う。

先週末この施設で伯父の葬儀を執り行った際、多くの介護スタッフの心に触れ、それをあらためて感じることができた。

入居初日から寄り添ってくれた男性スタッフが、涙を流しながら伯父への手紙を読んでくれた。そして、伯父と関わったたくさんのスタッフたちが寄せ書きをしてみおくってくれた。そこには私が知らない伯父の姿も多くあり、思わず微笑みがこぼれた。

naoji-4

入居直前から意思の疎通ができなくなり、どんな風に思っているかずっと気になっていたけれど、伯父孝行できたかなと今は落ち着いた気持ちで過ごせる私がいる。介護スタッフたちのおかげだ。

人は必ずなんらかのメッセージを残して旅立っていくと聞く。
最後まで自身の体と心と闘った伯父の姿から、「子どもがいるいないに関係なく、自分の命は精一杯まっとうする」ということを学ばせてもらった。

伯父の生涯に労いのエールを送り、このブログに残し、私の最期の時まで私がしっかり忘れずにいることを誓おうと思う。そして、認知症を患いながらもずっと妻の伯母を案じていた伯父のために、これからは残された伯母を支え続けていくこともここに誓おう。

************

昨年の年末から本当にいろいろなことがあった。
父、母、夫、私とインフルエンザに順番に罹り(予防接種をしていたにもかかわらず)、私が罹った翌日に父が肺炎から緊急入院し、一時は危ぶまれ慌て戸惑ったけれどなんとか回復。そんな時に伯父の容態悪化と旅立ち。

見えない大嵐に翻弄させられているような時間だった。
不義理をしてしまった方々もたくさんいる。

この場をお借りしてお詫びいたします。ごめんなさい。
日常に戻りつつあります。

それにしても、幼い時から手が届くところにいた人がいなくなってしまうこと、、、寂しい。

ありがとう。

naoji-5-yuhi

永森咲希

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年1月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin