「終結」から「卒業」へ

「終結」から「卒業」へ。
MoLiveの茶話会の名称を変えます。

生殖医療の領域では、不妊治療を終わりにすることを、一般的に「不妊治療の終結」という。

私もこれまでそれに倣っていたものの、「不妊治療の終結」と口にするたびにどうも違和感があり、馴染めずにいた。「終結」って、終わること、決着がつくことだけれど、戦争が終わる際に使われたりする言葉でもある。なんとも柔らかみのない冷徹さを感じるのは、私だけだろうか。

不妊治療の終わりは、誰にでもくる。
でもそれは、何かの決着がつく本当の終わりなの?
その闘いは、妊娠したら勝ちで、子どもができなかったら負け?
母になりたかった思いは、そこで終わり?

不妊治療は闘いであることに間違いはないと思う。でもそれは、己との闘い。
強く子どもを願い、全力でそのことに向かいながらも一喜一憂し、揺れながら歯を食いしばった、まさに自分との闘い。

子どもができず、その闘いの場から去らざるを得ない人にとっても、その時間は大切な人生の1ページではないだろうか。たとえその時「なんの実りもなかった」と喪失感いっぱいになったとしても、その後長く続く人生のなんらかの糧になると信じたい。

boxinglink3

そして、治療という闘いのリンクを降りる前に、その健闘をぜひ称えて欲しい。
「よくがんばったね。お疲れさま」 と。

そう、卒業式のように。
不妊治療からの卒業。

MoLiveの茶話会には3種類のわかちあいの会がありますが、その名称を変えます。

1.新: 不妊治療からの卒業を考える会 (旧:不妊治療の終結に揺れる心 )
bannar-thinkgraduation1

2.新: 卒業生の会 (旧:子どもはあきらめたはずなのに時にざわつく気持ち)
bannar-graduates1

3.新: 天使を思う会 (旧:流産の悲しみ)
banner-tenshi1

なかなか人に話せない気持ち、聞けない気持ち。同じ経験をした方々と共有してみませんか。

永森咲希

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年3月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin