伯父の旅立ち

伯父が先週84歳の人生を終え、旅立った。
少し長くなるけれど、伯父の冥福を祈る意味で、ここに伯父のことを記したい。

naoji-2

このブログにも一昨年「子どものいない老後」というタイトルで、しばしば書かせてもらった伯父。血のつながりがあるのは伯母で、伯父とは血縁はなかったが、幼い時から娘のような存在として愛情を注いでもらった。

弱くなっても我が家をこよなく愛し、家から離れることに大きな抵抗を示し続けてきた伯父と伯母も、昨年の夏の終わりから介護施設でお世話になることになった。

hiludemoa-1

持病を抱え、大手術をし、何度かの入退院をしながらもぎりぎりまでふたりだけの暮らしを続けてこられたのは、ケアマネさん、ヘルパーさん、ソーシャルワーカーさん、在宅医療の訪問医と看護師さん等々、たくさんの人たちの支えがあったから。誠実で、何事も我が事のように一緒に考えてくれた皆さん。難しいふたりと上手にテンポを合わせてながら、いつも適切な助言をしてくれた。

時に、ふたりを訪ねてケアをする私の心が折れどうにもならない時も、話しを聞き、そっと見守り私に時間を与えてくれた。

ふたりに何かあった時にすぐ動けるように、何年にも亘り、介護施設研究所の担当者にもお世話になった。過去ふたりの生活に限界が感じられたことが何度かあったが、その度にあちこちの施設を一緒に回り親身に相談にのってくれた。にもかかわらず決断できず、自宅暮らしが続くというパターンを繰り返した。近づいたり離れたりするご縁の中、距離を保ちながらずっと伴走してくれていたことには心から感謝している。

そんな時間があったからか、昨年の夏、訪問医から「ふたりの暮らしが限界にきた」ことを伝えられた後の施設選定は早く、あっという間に入居施設が決まった。まさにその担当者のおかげだった。

横浜が好きで住み慣れた家からそう遠くない三溪園。ふたり揃って部屋が確保できたことも奇跡的だったが、薦めてもらったこの施設の介護スタッフには本当に助けられ救われた。

あらゆる観点から、人としての尊厳を大事にする介護。
介護施設での事件を耳にする昨今だが、志高く、家族以上に優しく寄り添ってくれる温かいスタッフたちに見守られながらの生活で、きっと伯父は心穏やかな時間が過ごせたのではないかと思う。

先週末この施設で伯父の葬儀を執り行った際、多くの介護スタッフの心に触れ、それをあらためて感じることができた。

入居初日から寄り添ってくれた男性スタッフが、涙を流しながら伯父への手紙を読んでくれた。そして、伯父と関わったたくさんのスタッフたちが寄せ書きをしてみおくってくれた。そこには私が知らない伯父の姿も多くあり、思わず微笑みがこぼれた。

naoji-4

入居直前から意思の疎通ができなくなり、どんな風に思っているかずっと気になっていたけれど、伯父孝行できたかなと今は落ち着いた気持ちで過ごせる私がいる。介護スタッフたちのおかげだ。

人は必ずなんらかのメッセージを残して旅立っていくと聞く。
最後まで自身の体と心と闘った伯父の姿から、「子どもがいるいないに関係なく、自分の命は精一杯まっとうする」ということを学ばせてもらった。

伯父の生涯に労いのエールを送り、このブログに残し、私の最期の時まで私がしっかり忘れずにいることを誓おうと思う。そして、認知症を患いながらもずっと妻の伯母を案じていた伯父のために、これからは残された伯母を支え続けていくこともここに誓おう。

************

昨年の年末から本当にいろいろなことがあった。
父、母、夫、私とインフルエンザに順番に罹り(予防接種をしていたにもかかわらず)、私が罹った翌日に父が肺炎から緊急入院し、一時は危ぶまれ慌て戸惑ったけれどなんとか回復。そんな時に伯父の容態悪化と旅立ち。

見えない大嵐に翻弄させられているような時間だった。
不義理をしてしまった方々もたくさんいる。

この場をお借りしてお詫びいたします。ごめんなさい。
日常に戻りつつあります。

それにしても、幼い時から手が届くところにいた人がいなくなってしまうこと、、、寂しい。

ありがとう。

naoji-5-yuhi

永森咲希

2018年1月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

情報発信サイト シュフィール「Shufeel-主婦の悩みを専門家が解決-」の取材記事の掲載

5月から6月に亘り、情報発信サイト シュフィール「Shufeel – 主婦の悩みを専門家が解決 – 」に私が受けた取材記事が9回連載で掲載されました。
詳細は下記のURLをクリックください。

クリック ⇒ http://molive.biz/?page_id=7222

心理や心理支援について学んできた者として、また経験を重ねてきた当事者として、そして現代を生きる一女性として、不妊を取り巻くさまざまなテーマについてあらためて向き合った時間でした。

この取材記事が掲載されてふと、「5年後に同じ取材を受けたら、同じことをお話しするだろうか」という思いが浮かびました。
私が接する相談者の方も、学ぶことも今より増えるでしょうし、人として、女性としての人生経験も増えるわけで、また少し違った視点も出てくるような気がしたのです。電車に乗って目的地に向かう時、車窓の景色が変わるように、ものの捉え方や視点も変わるのも自然なこと。

今よりももっと当事者の方々にとって適したお話しができるようになるといいな・・・

長い時間をかけて取材記事をまとめ上げてくださったシュフィールの編集の方々、不妊についての学びを重ねてくださった担当の樋浦さん、ありがとうございました。

shufeel

永森咲希

2017年7月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

梅ヶ丘産婦人科院長 辰巳賢一先生のエールインタビュー

◆ 梅ヶ丘産婦人科の辰巳賢一先生から、エールインタビューをいただきました

妊娠希望年齢が高齢化している現代、不妊治療をしている方はたくさんいらっしゃいます。
すべての方の願いが叶うのであれば、こんなに幸せなことはありません。
ですが、残念なことに、あきらめなくてはならない方々も多くいらっしゃるのが現実です。

希望があるからこそ、辛い治療も続けられるんですよね。
治療をやめるということは、希望を失うことを意味します。
辛くないわけがありません。

むしろ治療を続けている時よりも、あきらめることを決断する時期やあきらめてからの方がお辛いと感じられる方が多いのではないでしょうか。

ですが、なんとかご自分を奮い立たせ、自身の人生の意味や生きがいを見つけようと努力されていらっしゃる。そんなご様子を拝見し、「みなさんが次の1歩を踏み出すために、優しく背中を押してくれる”何か”はないだろうか・・・」と思いを巡らせたどり着いたのが、「エールインタビュー」でした。

患者さん(当事者の方)と関わる職務についておられる方々が、日頃どのような思いでいらっしゃるのか、また治療を終結せざるを得ない方や、子どもをあきらめた方々に向けて、どんなことを伝えたいと思っていらっしゃるのか。贈る言葉も含め、それをお聴きしたのがエールインタビューです。

今回は、梅ヶ丘産婦人科(都内の小田急線「梅ヶ丘」駅そば)の院長、辰巳賢一先生にインタビューさせていただきました。
日頃はなかなか伺えないドクターの思い、ぜひご覧ください。

DrTatsumi-hyoshi

辰巳賢一先生のエールインタビューは ⇒ こちらをクリックください

永森咲希

2017年7月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「ちょっと大人のヴァイオリンとお酒の朗読会」

先日、友人のお店「季寄せ 蕎麦 柏や(三鷹)」で「ちょっと大人の ヴァイオリンとお酒の朗読会」なるものに行ってきた。太宰治の桜桃忌の朗読で、「朝」「失敗園」「桜桃」の3作品。

dazai1

太宰治と三鷹は縁が深く、太宰が1939年に三鷹に転居した後、1948年に玉川上水に入水するまでの約9年間、三鷹で作家として数々の作品を執筆した。

dazai2

私は「走れメロス」くらいしか記憶になく、しかも朗読を聴くのは初体験。ではなかったか。あった、小学校の時の国語の授業。クラスメートが順番にあてられ、それぞれがみんなの前で教科書を読む(朗読する)ことがしばしばあったことを思い出した。字面を追っただけの子どもの棒読みの朗読から、なんの情景が浮かんだだろう。

dazai3

店内は残席ゼロでいっぱい。今の店主岩崎氏のお婆様が、当時2軒隣に住んでいた太宰の愛人にお金を貸したまま入水されてしまったとか、そんな生々しいエピソードから始まったので、なんとも太宰を身近に感じながら聴くことができた。

美味しい太宰弁当(太宰が愛した若生昆布おにぎりは特に)とお酒をいただきながら、3名の朗読者の語りと落ち着いたヴァイオリンの音色に酔いしれた。

dazaibento

dazai7

そして、声や語りには「魂」が宿ることをあらためて感じた。無機質でなんの息吹も感じられない声や語りもある一方、まさにその情景が瞼の奥に浮かんでくるような語り。

私も講演させていただいたり、相談者の方とお話しさせていただいたりする機会があるけれど、無機質でぞんざいにならないように、目の前にいる方に「伝えよう」とする想い、「聴かせていただく」という思いが生きるように、丁寧であることを忘れずにいたいと思った夜だった。

太宰治作品、また読んでみたい・・・。

***************
演出・朗読 原 きよ さん
朗読 山東 けい さん
朗読 松岡明日香 さん
ヴァイオリン 新澤 秀子 さん
***************

永森咲希

2017年6月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

引退する日

引退に向けて、宮里藍選手の日本最後のトーナメント「サントリーレディースオープン」最終日の今日、私は藍ちゃん、いえ、藍選手の勇姿を目に焼き付けるため、TV画面に釘づけになった。

Ai-7

4歳からクラブを握り、2人の兄と共にゴルフの世界で生きてきた藍選手。若くてプロ入りした直後から「いじめ」という厳しい洗礼を受けたものの、表情に見せることなく黙々と腕を磨き、渡米。長いスランプに苦しんだ時期を経て、エビアン・マスターズで初優勝。プレーヤーでありながらも周囲への気遣いを忘れない優しさを持ち、自分には厳しい凛とした姿から、いつもオーラとぶれない信念、そして強さと清々しさを感じていた。私の尊敬する「人」。

Ai-1-horz

そんな藍選手の引退は、熱狂的な追っかけではない私にとってもとても寂しい。
「モチベーションの維持が難しくなった」のが引退理由とのこと。葛藤を感じてから4年模索した末の発表だったそうだ。プロになったのが18歳の時だとすると、13年間ひとつの世界で闘うことに集中し、エネルギーを向け続けてきたことになる。モチベーションの維持が難しくなって当然だろう。

自分を信じて一生懸命取り組んできたことから引退を決意することは、何事においても簡単なことではないはず。

「いつやめたらいいのか・・・」
「やめたら、どんな風に生きていくのか」

最後18ホールをプレーする藍選手の気持ちを思うと、私の方が先に泣けてきた。
落ち着いて1打1打を大事にするとてもいいプレーだった。

Ai-5

“Where there is a will, there is a way.”
「意志あるところに道は開ける」  藍選手の座右の銘。

Ai-4

どうか幸せな人生を。
藍ちゃん、ありがとう!

永森咲希

2017年6月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

クリニック/病院の選択に関するアンケート by ジネコ

みなさん、こんにちは。永森咲希です。

数多くある不妊治療クリニックの中から自分に合った施設を探すのは、至難の業。
・治療方針
・治療実施数
・妊娠率
・ドクターについて
・培養情報
・治療費
・診療時間
・通いやすさ
・評判
・・・etc.

検討すべき点、知っておかなくてはならない情報も多岐に亘り、クリニックのことで悩まれる相談者も少なくありません。すぐに変えられるものではないがゆえに、クリニック選びは慎重にならざるを得ませんよね。

現在ジネコさんで「クリニック/病院の選択に関するアンケート」を実施中です。
みなさんのおひとりおひとりの声が、この大事なテーマに向けて届くようご協力いただけませんか。ご協力いただいた方の中から抽選で300名の方に、Amazonの500円ギフト券のプレゼントがあります。

締切は明日! 急いでこちらに回答を!
https://form.k3r.jp/jineko77/clinicchoice

JINEKO

2017年5月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

私の母の日

不妊治療を終わりにし、子どもをあきらめてから暫く、母の日になるとなんとも言えず心がざわついた。それはきっと、多くの感情に見舞われていたからだと今になってみて思う。

母がしてくれたように、私にもいつか訪れると思っていた「産み、育てる」ということができないこと。自分が生きた証を込めた襷を、我が子に托すことができないこと。連綿と続いてきた命のリレーが私で終わってしまうこと。みんながしていることができないこと・・・etc.

当時は”できない感” が募り、何に意味や意義を見出したらいいのかわからなくなっていたように思う。

母に笑顔で「ありがとう」を言いながらも、私の中の母性について意識させられ、生涯もらうことのない赤いカーネーションが眩しく見え、心の奥がひりつく母の日が続いた。

どう表現したらいいんだろう。
前にもどこかで話したことがあった気がするけれど、” 野球の試合中ずっとベンチにいる” ような感覚。

でも今、私はもうベンチにはいない。
私は、私の人生のプレーヤーとして、自分の試合に出場している実感がある。

ベンチから出られたのは、世の中にはたくさんの球場があり、その試合はどれひとつとっても同じではないということが実感できたからかもしれない。私は私の試合で、打って、走って、守ればいい。

昨日はそれをおしえてくれた母に、あらためて感謝を贈った。
Mom
母と私にとって80回目の母の日。久しぶりに手料理をふるまった。

私の母の日は、母へ感謝する日。そして、自分を大事に思う日。

2017年5月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

小さな命を失くした体験を語り合う会 「流産・死産という悲しみについて」

今年のGWは快晴の気持ちのいい日が続きましたね。みなさまいかがお過ごしでしたでしょう。
お休みはあっという間に過ぎていきますね。

今日はこのブログで、5月28日(日)のイベントについてあらためてのご案内です。

◆ 日時: 5月28日(日)13:30-16:30
◆ イベントタイトル:「小さな命を失くした体験を語り合う会 『流産・死産という悲しみについて』」
◆ 会場: 東京ウィメンズプラザ 第1会議室
◆ 構成: 第1部 講演(体験者及び支援者)第2部 わかち合いの会(当事者同士)
◆ 参加対象者:第1部 ①流産・死産の体験者 ②その家族 ③妊娠を望む夫婦 ④医療・心理等の専門職 / 第2部 流産・死産の経験者(妊娠を望む方・不妊治療中の方含む)
◆ 参加費: 1部2部共参加の方 おひとり3,000円 1部のみ参加の方 おひとり2,000円

0528-chirashi-final-1 0528-chirashi-final-2

流産・死産という言葉、日常の暮らしの中でしばしば耳にされると思います。
流産に関しては、「よくあること」とか「流産したということは妊娠できるということ。また妊娠できるから大丈夫」等と言われがちです。不妊治療をされている方で流産を経験される方は多くいらっしゃいますが、私も稽留流産を経験しました。味わったことのないような喪失感と悲しみ。そして恐怖。そのことを医師に伝えた時に言われた言葉は、「流産を怖がっていたら不妊治療はできないよ」でした。結局、私たち夫婦にとって次の妊娠はなく、流産した子が最初で最後の我が子になりました。

死産をした知人は、「早く忘れられますように」と励まされたと言います。亡くなっていたとしても、出産した我が子です。そのことを忘れられるでしょうか。忘れなくてはならないことでしょうか。我が子の命と向き合い、必死の想いで出産されたのです。誕生することなく天国へと旅立ったその子の命も、おかあさんの全身全霊の出産も、おとうさんの支えも、尊い出来事のはず。そんな出来事を受け入れ、大事に抱えていくには時間も心のケアも必要です。

「人に容易には話せない、話したとしてもなかなか理解してもらえない」 そんな体験者の方々のために。
「どんな風に支えたらいいんだろう」 身近なご家族のために。
当事者の本当の気持ちになかなか触れる機会のない医療・心理の専門家の方々のために。

私たちWAKOMO会は発信します。

WAKOMO-LOGO-SQcenter-iloveimg-converted (2)

WAKOMO会とは。
昨年10月30日に開催したMoLiveのイベント時のアンケートをきっかけに、3団体(WAIS / コウノトリこころの相談室 / MoLive)が立ち上げた自助グループです。多くの皆さんがアンケートで、こうした会の必要性について率直にご意見くださったことによりWAKOMO会が生まれ、第1回目のイベントを開催する運びとなりました。

第1部では、どのような思いでその時を過ごしこれまで抱えてきているかの体験者の講演と、その時をどう捉え、考えたらいいのかについての支援者の講演をお聴きいただき、第2部では、同じ体験をした当事者同士が自由に思いをお話しいただける(ルールの下)場となります。少しでも関心をお持ちいただけるのであれば、ぜひ足をお運びいただけたらと思います。

詳細はWAKOMO会のホームページをご覧ください。https://www.wakomo.jp

必要な方々に情報が届きますように。

永森咲希

2017年5月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「終結」から「卒業」へ

「終結」から「卒業」へ。
MoLiveの茶話会の名称を変えます。

生殖医療の領域では、不妊治療を終わりにすることを、一般的に「不妊治療の終結」という。

私もこれまでそれに倣っていたものの、「不妊治療の終結」と口にするたびにどうも違和感があり、馴染めずにいた。「終結」って、終わること、決着がつくことだけれど、戦争が終わる際に使われたりする言葉でもある。なんとも柔らかみのない冷徹さを感じるのは、私だけだろうか。

不妊治療の終わりは、誰にでもくる。
でもそれは、何かの決着がつく本当の終わりなの?
その闘いは、妊娠したら勝ちで、子どもができなかったら負け?
母になりたかった思いは、そこで終わり?

不妊治療は闘いであることに間違いはないと思う。でもそれは、己との闘い。
強く子どもを願い、全力でそのことに向かいながらも一喜一憂し、揺れながら歯を食いしばった、まさに自分との闘い。

子どもができず、その闘いの場から去らざるを得ない人にとっても、その時間は大切な人生の1ページではないだろうか。たとえその時「なんの実りもなかった」と喪失感いっぱいになったとしても、その後長く続く人生のなんらかの糧になると信じたい。

boxinglink3

そして、治療という闘いのリンクを降りる前に、その健闘をぜひ称えて欲しい。
「よくがんばったね。お疲れさま」 と。

そう、卒業式のように。
不妊治療からの卒業。

MoLiveの茶話会には3種類のわかちあいの会がありますが、その名称を変えます。

1.新: 不妊治療からの卒業を考える会 (旧:不妊治療の終結に揺れる心 )
bannar-thinkgraduation1

2.新: 卒業生の会 (旧:子どもはあきらめたはずなのに時にざわつく気持ち)
bannar-graduates1

3.新: 天使を思う会 (旧:流産の悲しみ)
banner-tenshi1

なかなか人に話せない気持ち、聞けない気持ち。同じ経験をした方々と共有してみませんか。

永森咲希

2017年3月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

人生の季節

年が明けた1月2日の夜、月と金星のランデブーを夜空に見つけた。
そして昨日、空に向かって元気に開花を始めた梅の木を見つけた。

2017年になってまだわずかなのに、秩序だった自然の営みが繰り返されているのを目のあたりにし、あらためてその力に感心したりして。

月と金星の接近を”ランデブー”と言ったのはロマンチストの私の先輩。金星と一緒にいる月は、いつも細い月なんだとか。

P1022238

月は約1か月かけて地球の周りを回るし、梅の木はこの時季に必ず花を見せてくれる。そのサイクルが狂ったところなんて、これまで見たことがない。

ume

この世にあるすべての生物、生きとし生けるものは、皆”季節”を持ち、自然にその秩序に従った営みを続けている。

人間も。
人の一生には”季節”があり、その季節ごとに”旬”があること、この年になってみるとよくわかる。

それなのに人間は、どうしてもその旬や秩序に素直に従わないところがある。
抗ってはいけないことがあるのにね。

私もその口だった。

これからの若人には、季節感をもって人生を歩むことの意義を伝えていこう。

永森咲希

2017年1月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin